沢渡温泉 まるほん旅館

群馬県吾妻郡中之条町沢渡温泉 Tel:0279-66-2011
http://www.sawatari.jp/


《群馬県での宿泊予約は こちら から》
沢渡温泉は、四万温泉の手前にある小さな温泉地だ。四万や草津と比べると、びっくりするほどひっそりとしており、坂道沿いに10軒ほどの宿が点在する温泉街は休日でも人影がまばらである。
そう言えば、中之条の駅から沢渡温泉に向かうバスは、なんと8人乗りのワゴン車だった。てっきり旅館の送迎車だと思っていたが、ちゃんと「路線バス」と書かれている.. 沢渡がいかに寂れた温泉地であるかを物語っているようだ。

沢渡の宿は皆、民宿のように小ぢんまりとしている。その中にあって、ここ「まるほん旅館」は、かなり大きな宿と言えるだろう。(それでも、世間一般では小旅館の部類に入ると思われるが..) 温泉街の中心、共同浴場の隣に建つ老舗の宿だ。

この宿の名物は、何と言っても混浴の大浴場である。ギシギシと軋む廊下を下りていくと、半地下のようになっている所に桧張りの素晴らしい浴室があるのだ。
湯船は2つ。共にさほど大きくはないが、底には石が張られ、趣きと情緒、そして風格に長けた「一級品の風呂」と言えるであろう。

この大浴場は完全な混浴だ。特に目隠しがある訳でもなく、また脱衣所もあってないようなもの(浴室の壁際に脱衣棚があるだけで、もちろん丸見え..)なので、女性にはちょっときついかもしれない。それでも、私が訪れた時には若い女性が入っていた..
別に女性専用浴場や家族風呂もあるのだが、ここに来たからには、やはりこの大浴場に入らないと意味がないだろう。なお、宿泊するとちゃんと女性タイムもあるそうだから、ご安心を。

湯は無色透明。てっきり完全な掛け流しかと思っていたら、実は循環されていた。これは意外だ.. 沢渡温泉の湧出量は毎分125ℓ。だが、そのうち「まるほん旅館」への分湯量は僅かに20ℓとのこと。確かにこれでは少々足りないだろう.. 風呂自体があまりにも素晴らしいので、微かとは言え塩素臭が漂っているのはちょっと残念だ。

湯量は少ないが、浴槽に注がれている湯は紛れもない源泉そのもの。湯船に注いだ分だけ溢れさせる、一部放流形式である。ほんのりと硫化水素臭が香る源泉は、そのまま飲むことも可能。ユバのように白く大きな湯の花も大量に見られ、かなり本格的な湯と言えるだろう。
その上、肌にも優しく入り心地も抜群! 昔、草津で湯治をした浴客達が、強い酸性泉で荒れた肌を癒すための「仕上げ湯」として利用したというのも、よく判る気がする。

それだけに、できれば完全な掛け流しで入ってみたかった.. 風呂としては雰囲気も最高、文句なしのお奨めなのだが、いかんせん、消毒臭の漂う温泉に星5つを付けることはできないので、やむなく星4つとさせていただいた。しかし本当は限りなく星5つにしたい、素晴らしい温泉なのである。

ちなみに沢渡で本当の掛け流しの湯に入りたければ、隣にある共同浴場に行くといいだろう。庶民的な地区の小さな浴場だが、全くピュアな源泉の湯を楽しむことができる。
 泉質
カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉 54.9度 湧出量 125ℓ/分
 日帰り入浴情報
11:00〜17:00 無休 700円
 アクセス
JR吾妻線中之条駅から沢渡行きバスで約25分、「沢渡温泉」バス停下車、徒歩1分。
|戻る|

スパミシュラン 群馬県の温泉

JAL日本航空 先得









上から見るとこうなる

 
初入湯年: 2006年
 (最終更新日: 2006年7月)