草津温泉 巽の湯

群馬県吾妻郡草津町草津温泉

《草津温泉での宿泊予約は こちら から》
温泉街から国道292号線を草津熱帯園の方に向かって行くと、その途中の国道沿いにドーンと建っている。草津の外湯の中ではかなり大きい方で、浴室も広い。コンクリ造りの湯船には8人ほどが余裕で入れるだろう。

湯は無色透明の強酸性泉。湯畑からの引湯だが、硫黄の香りはほとんど感じられない。恐ろしい勢いで源泉がドバドバと注がれており、その迫力には圧倒されてしまう...

浴室は天井が高く、また太い梁を始め、木がふんだんに使われている。重厚かつ趣きのある素晴らしい風呂である。

温泉街からは少し足を延ばすことになるが、一般の観光客にも是非入っていただきたい、お奨めの一湯だ。
 泉質
酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉 53.9度
 日帰り入浴情報
24時間 無休 無料
 アクセス
JR吾妻線長野原草津口駅から草津温泉行きバスで約25分、終点下車。
|戻る|

スパミシュラン 群馬県の温泉

JAL日本航空 先得


 
初入湯年: 2005年
 (最終更新日: 2009年12月)