宝川温泉 汪泉閣

群馬県利根郡みなかみ町藤原1899 Tel:0278-75-2611
http://www.takaragawa.com/


《宝川温泉汪泉閣の宿泊予約は こちら から
山の奥また奥、谷底にある一軒宿なのだが、いくつかの建物に分かれていて、規模はかなりデカい。

旅館の玄関とは別に日帰り専用の入口があり、そこで入浴料金1,500円を支払う。(私は午後3時頃に行ったら、残り時間が2時間を切っていたとのことで、1,200円にしてくれた。)

旅館側から入ると判らないが、風呂に向かうまでの通路があまりにも怪しすぎる... 骨董や古民芸と言えば聞こえは良いが、早い話、ガラクタの山がうずたかく積まれた道を抜けていくのだ。しかも、いたる所にお地蔵さんや変な神社があったり、おまけにツキノワ熊が飼われていたりと、まるで「パラダイス」のような雰囲気である。

当然ながら内湯もあるのだが、ここの名物は何と言っても混浴大露天風呂だ。渓流に沿って4つの巨大な湯船が並び、その大きさは日本一とのこと。(ただし、4つあわせてだが..)

入口に近い方から順に「摩訶の湯」、「般若の湯」、そして対岸に渡ったところにあるのが「子宝の湯」で、この3つが完全な混浴となっている。
女性客も多いが、さすがにここまで来たからには皆、覚悟を決めているのだろう。バスタオルを巻いて、結構平気で入っている。まさに混浴パラダイスで、誠に喜ばしい限りである。(ちなみに、水着は禁止!)

この宿には4つの源泉があり、そのすべてが無色透明の単純泉だ。湯口の湯を口に含んでみると、結構強い鉱臭(硫黄のような香り)が感じられ、また茶色い湯の花も大量に見られる。もちろん完全な源泉掛け流しで、湯船の湯はそのまま川に流れ出ている。

最高レベルの温泉であると自信を持って言えるが、唯一の難点は虻(アブ)が多いこと。虻は刺すことはないそうだが、その代わり噛む.. そのたびにチクっと痛くて、まことに気色悪い。そのため、皆、手やタオルで自分の体をピシャピシャ叩いて、追い払うのに必死だ。
背中に立派な彫り物を入れたお兄さんも、ギャーギャー言いながら虻から逃げ回っていて、ちょっとかわいかった..

いやぁ、それにしてもここの露天風呂は素晴らしい。今度はぜひ宿泊で訪れてみて、一日ゆっくりと楽しんでみたいものだ。
 泉質
単純泉 33.8度、58.8度、68.9度、54.2度
 日帰り入浴情報
9:00〜17:00 無休 1,500円
 アクセス
JR上越線水上駅から宝川温泉行きバスで30分少々、終点下車すぐ。
|戻る|

スパミシュラン 群馬県の温泉

JAL日本航空 先得













怪しすぎる浴場への道

 
初入湯年: 2005年
 (最終更新日: 2009年8月)