焼岳温泉
奥飛騨ガーデンホテル 焼岳

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重々根2498-1 Tel:0578-9-2811
http://www.okuhida-gh.com/


《奥飛騨ガーデンホテル焼岳の宿泊予約は こちら から》
平湯温泉と新平湯温泉の中間あたり、山あいの川沿いにある温泉ホテル。かなり大規模な宿だが、すごく落ち着いた雰囲気である。

浴場も広くて豪華。まずは内湯に入ってみる。立派な石張りの大きな浴槽には、無色透明無味無臭の湯が並々と注がれている。が、なんと塩素臭が 漂っている..
「これはハズレだ..」と思うのは早とちりであった。この内湯は温泉ではなく、ただの水を沸かしたものである。なんでも、成分が濃すぎて配管が詰まるので、内湯には温泉が使えないのだとか。

本当の温泉は露天にある。これがまた凄い。岩風呂と檜風呂、そして深さ130cmの立ち湯と寝湯.. これだけでも充分すぎるのだが、更にその奥には、混浴の大露天風呂もあるのだ。

この混浴露天の名物は、「うぐいすの湯」と呼ばれるクロレラ風呂。温泉成分に天然のクロレラが含まれており、日光を浴びて生育しているとのこと。そのため、光合成によって湯は鮮やかな蛍光グリーンになっている。ちょうど、湯船全体に苔が生えたように見える。また、湯の表面には、白いパラフィンのような膜が張っている。
混浴露天には、他にも滝湯や洞窟風呂もあり、はっきり言って凄すぎる。

ちなみに、クロレラ風呂以外の湯も、少し緑っぽく微濁しており、少々の金気臭と硫黄臭が感じられる。

ここで面白いのが「湯衣」である。混浴風呂に入るには、男女とも、この湯浴み着を身につけなければならないのだ。男の場合は腰だけ、女の場合は胸から下をクルっと巻きつけるもので、皆、これを付けて混浴を楽しんでいる。

入浴料金は2,150円とかなり高めだが、このホテルの会員(うぐいすの会)に登録すると、初回から1,150円で入浴できる。住所・氏名等を記載し、今後DMが送られてくるそうだが、この値段で入れるならかなりお得だ。 久々に大満足の温泉であった。
 泉質
ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
 日帰り入浴情報
12:00〜21:00 無休 2,150円
 アクセス
JR高山本線高山駅から福地温泉経由新穂高温泉行きバスで約70分、「奥飛騨ガーデンホテル焼岳」バス停下車すぐ。
|戻る|

スパミシュラン 岐阜県の温泉

宿・ホテル予約ならじゃらんnet









これが「湯衣」だ

 
初入湯年: 2005年
 (最終更新日: 2005年9月)