バーデンバーデン温泉
カラカラテルメ

Caracalla Therme, Baden-Baden

Romerplatz 1, 76530 Baden-Baden Tel:07221-275940
http://www.carasana.de/de/caracalla-therme/startseite/


《海外ホテルの宿泊予約は こちら から》
ついに行ってきました! ドイツを代表する名温泉地、バーデン・バーデン。ドイツ語で「バーデン」とは「入浴する」という意味。バーデンが2つも並ぶバーデン・バーデンは、さしづめ「温泉の中の温泉」といったところか..
ここはヨーロッパ屈指の高級温泉リゾート地であり、高そうなホテルやショップ、レストランなどが建ち並ぶ。街の雰囲気もお洒落できれいで、文句なしに素晴らしい保養地だ。
そのバーデン・バーデンには2軒の温泉施設がある。100年以上前に作られた「フリードリヒス・バート」と、その隣にあるピカピカの新しい建物「カラカラ・テルメ」の2軒だ。

「カラカラ・テルメ」は水着着用の巨大な温泉プールである。屋内の大浴槽(と言うかプール)はさすがにデカい。数百人は入れるのではないだろうか..
湯温が34度と低く、日本人の感覚では温泉というより限りなく温水プールに近いが、それでも皆、気持ち良さそうに入っている。
屋外にはやはり巨大な風呂(と言うかプール)があり、こちらは32度と35度の2つに分かれている。まあ一応は露天風呂なのだが、やはりどこからどう見てもプールである..
しかし、趣きのある街並みを見ながらの入浴は格別に気持ちが良い!

湯は無色透明で、微かに塩味が感じられる。おそらくは循環なのだろうが、それでもこれほど巨大な風呂を賄うのであるから、きっと相当な湧出量なのであろう。

屋内と屋外の両方に、比較的温度の高い浴槽がある。それでも38度ぐらいなので、日本的に言えばぬるめだが、低温の風呂がほとんどの中でこの存在は有難い。

2階はサウナエリアになっている。ドイツの習慣なのか、サウナは男女一緒に裸で入るものらしい.. ここでもサウナは水着着用不可。男も女もスッポンポン、どこも隠さず堂々と入っていた。私は何とか勇気を出して入ってみたが、日本人の女性にはまず無理ではなかろうか。うちの嫁も絶対に入っては来なかった..

初めてバーデン・バーデンに行く場合、「カラカラ・テルメ」と「フリードリヒス・バート」のどちらに入浴するか迷われると思うが、私のお奨めは次の通りである。
レトロな雰囲気の中でじっくり温泉に浸かりたいなら「フリードリヒス・バート」をお奨めする。ただし、こちらは療養目的がメインなので入浴方法などについて色々うるさく言われる。
「カラカラ・テルメ」は、温泉を利用したレジャー施設と考えてよい。友人同士や家族で楽しむなら、こちらの「カラカラ」のほうをお奨めする。
 
 泉質

不明

 
 日帰り入浴情報

8:00〜22:00 無休(12/24,25は除く) 13ユーロ

 
 アクセス

フランクフルトからICEで約1時間半、バーデンバーデン駅下車。そこからバスで約20分。

 
|戻る|

スパミシュラン ドイツの温泉

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】







バーデン・バーデンの街並み

 
  初入湯年: 2007年
  (最終更新日: 2007年12月)