甲子温泉 旅館 大黒屋

福島県西白河郡西郷村大字真船字寺平1 Tel:0248-36-2301
http://www.kashionsen.jp/

《福島県での宿泊予約は こちら から》
甲子温泉にある一軒宿、「大黒屋」。ここは知り人ぞ知る名湯で、私も長年の憧れであった。
今回、ついに念願かなって訪れることができた。あの名物風呂に入れるかと思うと、もう朝からワクワクである..

甲子温泉があるのは南会津の山の中、国道から外れて急な坂道を谷底に向かって下りていった所にある。
周りは山、山、山.. 山以外の何もない。そんな大自然の中にひっそりと佇む秘湯の宿...と書きたいのだが、実は決して鄙びた小さな宿ではない。堂々とした木造りの。かなり立派な建物だ。
ただし、いくら大きくても、鉄筋コンクリートでないところが嬉しい。

この大黒屋の名物と言えば、何と言っても「大岩風呂」である。
本館の建物から階段をどんどん下っていき、渓流にかかる小さな橋を渡ったところに建つ、趣きある湯小屋がそれだ。重厚な木造りの浴場で、扉を開けると、いきなり巨大な風呂が現れる。
(そう、ここに脱衣所はなく、浴室の壁沿いに棚があるのみで、みんなそこで服を脱いだり着たりするのだ。)

いや〜、それにしてもこの風呂は圧巻である。縦5m、横15mとのことで、20人以上が同時に入っても全然余裕の広さだ。水深も120cmほどと深く、湯船の真ん中では立って入浴することになる。

湯船の底は大きな岩がゴロゴロしていて、それらをコンクリートで貼り付けているような感じ..
実はこの大岩風呂、もともと割れ目から源泉が湧き出ていた岩盤をそのまま使い、周りをコンクリで囲って浴槽にしたとのこと。これこそまさに自噴泉! 自然の神秘を感じられる、素晴らしい風呂である。

湯は無色透明無味無臭。温泉らしいクセはほとんど無いものの、良い湯であることはすぐに判る。
湯温も熱すぎず、ぬるすぎず、ちょうど適温だ。これならいくらでも入っていられるよ..

もちろん、掛け値なしの源泉掛け流し。湯船には新鮮な源泉がドンドン湧き出し、そのまま溢れ出していく。

ここの泉質は硫酸塩泉。旧泉質名で言うと「石膏性-正苦味泉」とのことで、結構珍しい温泉だ。うまく説明できないが、普通の単純泉とは全く違い、クセはないのに奥が深いというか、ともかく入っていて最高に気持ちの良い湯なのである。
こんな温泉に入ってしまったら、もう他の温泉には入れないなぁ..

ちなみにこの大岩風呂、完全なる混浴です。
脱衣所が無いので、女性にはちょっと入りにくいかもしれない。という訳で、すぐ隣に女性専用の浴場もあるのだが、こちらは岩風呂ではなく、普通の木造りの風呂とのこと。
やはり、少々がんばっても、この大岩風呂に入っていただきたいと思う。(早朝と夜には女性専用タイムがあるそうなので、どうしても混浴が嫌な女性は、ぜひ宿泊してみてください。)

本館内には普通の男女別浴場もあり、こちらは新しくてきれい、近代的な風呂である。石造りのなかなか豪華な湯船で、小さいながら露天風呂も付いている。もちろん、この内湯も完全な掛け流しだ。

いや〜、来て良かった。本当に素晴らしい!
文句なしに最高レベルの温泉である。今度はぜひ宿泊して、夜にあの大岩風呂に入ってみたい..
 
 泉質

カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉 45.8度 湧出量 120リットル/分
カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉 45.1度 湧出量 413リットル/分

 
 日帰り入浴情報

10:00〜15:00 無休 700円

 
 アクセス

JR東北新幹線新白河駅、または東北自動車道白河ICから車で約40分。
※宿泊の場合は新白河駅から無料送迎あり(要予約)。

 
|戻る|

スパミシュラン 福島県の温泉

宿・ホテル予約ならじゃらんnet







この階段をどんどん下りていく


大岩風呂は橋を渡った対岸にある


大岩風呂の湯小屋


これが大岩風呂だ


本館の大浴場


お昼に食べた天ぷら定食
(なんとイワナの天ぷらだった)

 
  初入湯年: 2014年
  (最終更新日: 2014年5月)