二岐温泉 大和館

福島県岩瀬郡天栄村二岐 Tel:0248-84-2021

《福島県での宿泊予約は こちら から》
南会津の山の中、6軒ほどの宿がひっそりと佇む二岐温泉。その中でも特に鄙びた風情なのが、ここ「大和館」である。

なんでもこの宿、日本で最初に「秘湯」という言葉を使ったそうで、まさに秘湯発祥の地。

道路から急な坂道を下りていくと、古びた建物が現れる。
外観からは想像できないが、この宿、奥へ奥へ、そして下へ下へと迷路のように繋がっていて、意外にデカい..

浴場は最奥部の渓流沿いにあった。男女別の内湯があり、そこから外に出ると露天風呂もある。内湯は結構広く、鄙び具合も満点だ。

露天がまた素晴らしい。川沿いに計3つの露天風呂があって、いずれも混浴! 特に小さな橋を渡って行く対岸の露天風呂は、大自然の中での湯浴みを楽しむことができる。

湯は無色透明無味無臭の石膏泉。クセらしいクセはほとんど無いのだが、入り心地は最高。体が包み込まれるような素晴らしい入浴感である。
温泉の成分によるものであろうか、湯船の底に苔のような緑色のものが付いているので、湯も何となく緑っぽく見え、より神秘らしさを醸し出している。

浴後、玄関ロビーで宿の主人にいざなわれ、少しよもやま話をした。
かなりのお年で、90歳とか言ってられたような.. 話していても、のどかさ、人の良さがにじみ出ている。温泉良し、環境良し、主人良し.. これは文句なしに星5つでしょ!

かなり年季が入ってしまった宿だが、ぜひ長く続けてほしいものである。
 
 泉質

カルシウム-硫酸塩泉 53.6度 湧出量 60リットル/分
カルシウム-硫酸塩泉 56.2度 湧出量 15.9リットル/分

 
 日帰り入浴情報

10:00〜15:00 無休 500円

 
 アクセス

JR東北新幹線新白河駅、または東北自動車道白河ICから車で約1時間。
新白河駅から二岐温泉行き有料バスあり(1日1往復、要予約)。

 
|戻る|

スパミシュラン 福島県の温泉

宿・ホテル予約ならじゃらんnet





内湯


渓流沿いの露天風呂


対岸の露天風呂へは橋を渡って行く


宿はこの急な坂道を下った所にある

 
  初入湯年: 2014年
  (最終更新日: 2014年5月)