赤湯温泉 好山荘

福島市土湯温泉町字鷲倉1 Tel:0242-64-3217

《福島県での宿泊予約は こちら から》
新野地温泉」のすぐ近く、ダートの急な坂道を下っていったところにある一軒宿の温泉。「野地温泉」や「新野地温泉」と比べると、ここだけが時代に取り残されたかのようだ。旅館と言うよりは湯治宿 、もしくは山小屋といった感じの佇まいで、その鄙び具合が何とも言えない。

「赤湯」の名前通り、ここの温泉の湯は真っ茶色だ。相当鉄分が多いようで、金気臭も強い。浴場の壁には「単純泉」と掲示されていたが、これはどう見ても単純泉ではない.. 完全な鉄泉と言えるであろう。
55度の源泉がそのまま注がれているので、熱くなりすぎないように水が少し足されている。そのため、浴槽の湯はちょうど適温! これは気持ちいい。
もちろん純然たる掛け流しで、風呂から溢れ出た湯は豪快に床を流れていく。極楽だ..

内湯のすぐ外には露天風呂もある。大きな石で囲った風呂は、そこそこの大きさだ。そしてこちらの露天にも、赤湯が惜しげもなく満たされている。

しかし、この宿には露天風呂がもう1つあるのだ。それは宿の建物から少し離れた場所、ちょうど駐車場の入口の辺りにあって、男女別のかなりちゃんとした造りなのである。しかも湯船は木造り。誠に趣きのある、素晴らしい露天風呂と言えるだろう。

こちらの露天には、赤湯とは別の源泉が使われており、それは何と微白濁の硫黄泉! 白く細かい湯の花も多数舞っていて、これもまた素晴らしい。
赤と白、2つの源泉を楽しむことができるとは思ってもいなかった。まさに最高ランクの温泉である。
 泉質
単純泉 55度、 硫黄泉
 日帰り入浴情報
10:00〜15:00 無休 500円
 アクセス
JR福島駅から車で約1時間。
|戻る|

スパミシュラン 福島県の温泉

宿・ホテル予約ならじゃらんnet








 
初入湯年: 2006年
 (最終更新日: 2006年9月)