いわき湯本温泉
スパリゾート ハワイアンズ

福島県いわき市常磐藤原町蕨平50 Tel:0246-43-3191
http://www.hawaiians.co.jp/


《スパリゾートハワイアンズの宿泊予約は こちら から》
言わずと知れた元「常磐ハワイアンセンター」で、旧炭鉱から湧き出る大量の温泉を利用した、巨大温泉レジャーランドである。その湧出量は、なんと毎分5,000ℓ!

ここは、「ウォーターパーク」(大プール)、「スパガーデン・パレオ」(屋外スパ)、「スプリングパーク」(屋内スパ&大浴場)、「江戸情話 与市」(大露天風呂)の4つのエリアに分かれている。入館料金2,940円で、これらすべてを楽しむことができるので、この値段でも決して高くはない。

入口で、ムームーを着たおばちゃん従業員に誘導されて中に入ると、ムッとする熱気.. そう、ここは常夏なのだ。館内のどこへ行くにも、水着だけでOKである。

巨大なウォータースライダーがある「ウォーターパーク」を横目に見ながら、まずは「江戸情話 与市」に向かう。ここは男女別、裸で入る巨大露天風呂で、その大きさはハンパじゃない。100人、いや200人は入れるかもしれない。

たいていの客は、まずプールで遊んで、最後に「締め」で露天風呂に来るようだが、私達は逆に、朝一番に露天に入ったため、なんと先客は一人だけ.. ほとんど貸切状態で入浴することができた。

湯は無色透明の硫黄泉。湯の花が少しあるものの、匂いはほとんどなく、これは本物の常磐湯本温泉の湯ではないように思える。おそらく循環、もしくは濾過しているのだろう。
ところが、かけ湯に使われているのは正真正銘の源泉で、濃厚な硫黄臭と、白いモロモロ状の湯の花が大量にあり、素晴らしい湯である。これが本物の常磐湯本の湯なのだ。できることなら、このかけ湯に浸かりたい...
先客は、ほとんど露天風呂には入らず、このかけ湯ばかりを何度も何度も浴びていた。なかなかの温泉通と見た..

続いて、スパガーデン パレオに向かう。ここは屋外に設けられた巨大スパゾーンで、水着で入る。よくもまあこれだけ..と思うほど、たくさんのプールや浴槽があるのだが、これらもすべて温泉であるらしい。ただし、湯は完全に滅菌されているようで、まったく特徴はない。

最後にスプリングパークへ。ここは、水着で入る屋内スパと、裸で入る男女別の大浴場に分かれている。この裸で入る大浴場が、結構ちゃんとした風呂で、へたな健康ランドよりも充実しているように思える。
内湯には様々な浴槽があり、もちろんサウナも完備。広い露天風呂もあり、まさに言う事なしなのだ。

ただし湯は貧弱である。すべての浴槽に温泉(硫黄泉と塩化物泉)が使われているものの、かなり濾過されているようで、せっかく の素晴らしい硫黄泉なのに湯の特徴が消されてしまっている。これは少々残念である..

しかし唯一、檜風呂だけは源泉をそのまま使っているようだ。明らかに他の湯船とは異なり、薄緑色微濁の湯は硫黄の香りに包まれ、また入り心地もまろやかである。どうやらこの浴槽は掛け流しのようで、常に湯が溢れ出している。この檜風呂がハワイアンズの中では最も素晴らしい湯である。

家族で訪れれば、一日たっぷり楽しめるだろう。こういう所は、できれば泊まりでゆっくりしたいものだ。
 泉質
含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉 59.5度
 日帰り入浴情報
9:30〜22:00(土日祝は9:00〜22:30) 無休 2,940円
 アクセス
JR常磐線湯本駅から送迎バスで約10分。
|戻る|

スパミシュラン 福島県の温泉

宿・ホテル予約ならじゃらんnet











江戸情話 与市

 
初入湯年: 2004年
 (最終更新日: 2009年12月)