シカモア温泉

 
Sycamore Mineral Springs

1215 Avila Beach Drive, San Luis Obispo, CA Tel:805-595-7302
http://www.smsr.com/

ヨーロッパと比べて、アメリカには温泉が少なく、また温泉入浴の習慣もほとんどないというのが常識だが、もちろん例外もある。

ここ「シカモア・ミネラル・スプリングス」は、カリフォルニアを代表する、いやアメリカを代表する温泉リゾートで、ロサンゼルスやサンフランシスコから気軽に行くことができるため、多くの宿泊客や入浴客がこの地を訪れるという。意外に温泉好きのアメリカ人も多いのである。

しかもこの温泉、歴史が古く、100年以上も前に開湯されたとのこと。
カリフォルニアの温泉によくあるパターンだが、やはりここも石油を掘削していたら、代わりに温泉が湧き出したのだそうだ。

私が今回、アメリカへの旅を思い立ったのも、このシカモア温泉に行くことが最大の目的であったのだ。

とは言え、ロサンゼルスから車を飛ばしても4時間近くかかる。レンタカーの利用も考えたが、慣れない外国ではあまり運転したくないし.. と思っていたら、インターネットでロス発のシカモア温泉ツアーを発見したのである。
朝、ロスのホテルまで迎えに来てくれて、シカモア温泉に一泊して翌日に帰ってくる。まさに私にとってうってつけだったので、今回はツアーでの温泉行きとなった。

シカモア温泉があるのはロサンゼルスとサンフランシスコの間、サンルイスオビスポという田舎町の近郊に位置している。
日本風に言えば、山あいの一軒宿なのだが、決して小さな宿がひっそり佇むという感じではない。
ホテルの敷地は東京ディズニーランドとほぼ同じ大きさで、そこに74室の客室を有する、巨大リゾートなのだ。
ただし、建物は自然の森の中にうまく溶け込んでおり、落ち着いた高級感を醸し出している。

この宿の一番の特徴は、もちろん温泉だ。
全ての客室にはバルコニーに専用の露天風呂(ジャグジー)が備わっていて、完全なプライベート空間で温泉を楽しむことができる。

また、それとは別に20個以上もの貸切露天風呂(アウトドアホットタブ)が山の斜面に点在しており、1時間単位の予約制で入浴が可能。
この貸切風呂は日帰りでの利用もできるので、温泉だけ入りに来る客も多いと聞く。

我々はチェックイン後、まずはこの貸切露天風呂に入ることにした。

宿泊客でも別途入浴料が必要なので、ギフトショップ内にある温泉入浴の受付で料金を支払い、いざ温泉へ..

露天風呂は2人用の小さなものから8人用の大きなものまで色々と揃っており、山の斜面に段々に設えてある。
我々が入ったのは、中腹あたりにある「ATLANTIS」という名前の風呂。囲いがあって、周りからはほとんど見えないようになっているので、男性はもちろん、女性であっても裸で入っても問題ないだろう。

露天風呂とは言っても、ここはアメリカ。もちろん岩風呂などではなく、ジャグジー風呂である。
日本の露天風呂と比べて、風情や情趣という点ではやや欠けるものの、それでも自然の中での湯浴みは充分に気持ちが良い。

湯は無色透明。ここの源泉は本来、強い硫化水素臭を伴うのだが、この貸切風呂では硫化水素の香りがほとんど感じられなかった。
おそらく、かなり循環・ろ過が行なわれているものと思われる..

レストランで夕食をいただいたあと、今度は客室の露天風呂に入ってみた。こちらもやはりジャグジーで、4人ぐらいが入れる大きさ。

源泉蛇口のバルブをひねったとたん、強烈な硫化水素臭があたり一面に漂ってきた。これこれ! やっぱり温泉はこうでなくっちゃ!

しかし、スイートなどの高い客室に泊まると、その部屋のジャグジーで使われているのは温泉ではなく、何と普通の水であるらしい。アメリカでは硫化水素の匂いを嫌う人も多いそうで、特にセレブな人ほど、硫化水素臭が体に付いてしまうのが嫌なのだとか..
我々日本人からすると、「硫化水素臭が嫌なら温泉に来るな!」と言いたい。

もしこの温泉に泊まられるのであれば、高い部屋ではなく、普通のエコノミーな部屋を予約されることをお奨めする。そうすれば、硫化水素臭プンプンの温泉に入れますから。

湯は無色透明で、強い硫化水素臭あり。まさに、「これぞ温泉!」という泉質だ。入り心地も最高で、これならいくらでも入っていられる。
この客室露天風呂の湯は、間違いなく源泉掛け流しであろう。いやー、素晴らしい! アメリカでこんな凄い温泉に入れるとは、思ってもいなかった。

ちなみに湯温だが、蛇口から出るお湯は約47度。このままでは熱すぎるので、当然、水でうめることになる。
熱めでもぬるめでも、自分好みの温度に調整できるのが嬉しい。

客室に備わったジャグジー風呂は完全なプライベートなので、もちろん裸でOK。
石鹸やシャンプーの使用は不可なので、体を洗うのは部屋の中にあるシャワー(バスタブ付き)を利用する。
また、23時から翌朝7時までの間は「サイレンスタイム」ということで、入浴はできない。

敷地内には他にも、宿泊客のみが利用できる温泉プールや、10人以上が余裕で入れるグループ貸切用の大露天風呂(オアシススパ)もある。

温泉プールは30度ほどでかなりぬるめだが、オアシススパのほうは40度以上で、結構熱め。温泉が滝のように流れ落ちていて、まるで日本の露天風呂のようだ。

この宿、雰囲気が非常によろしい。
はっきり言って、我々が泊まった客室はかなり古く、まるで安アパートのような造りだったが、レストランなどは素晴らしく、食事もたいへん美味しかった。
もちろん、アロママッサージやフェイシャル、ボディートリートメントなどの高級スパメニューも完備されている。

ロサンゼルスやサンフランシスコから多くのセレブ達が訪れるというのも頷ける。
聞くところによると、ジョニー・デップも来るとのこと..

本格的な温泉に入り、美味しい食事をいただき、自然の中でのんびり過ごす.. これで癒されない訳がない。
わずか1日だけでも、セレブになった気分だ。

アメリカにも素晴らしい温泉があることがよく判った。文句なしに星5つとさせていただきたい。
 
 泉質

含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉

 
 日帰り入浴情報

8:00〜24:00 無休 1人あたり$17.5(月〜木は$13.5)

※貸切露天風呂の入浴は1時間単位で要予約
(事前予約の必要はなく、当日その場で予約可能)

 
 アクセス

ロサンゼルス市内から車で約4時間。

※ロサンゼルスからシカモア温泉への日帰りツアーおよび宿泊ツアーあり。詳細はこちら

 
|戻る|

スパミシュラン アメリカの温泉

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】







フロントやレストランがある建物


入浴受付がある建物


貸切露天風呂へは階段で


このように風呂が点在している


我々が入浴したATLANTIS


これが貸切露天風呂だ


風呂からの眺め


我々が泊まった宿泊棟


客室


客室バルコニーの露天風呂


源泉は入れ放題


温泉プール


グループ用のオアシススパ

 
  初入湯年: 2014年
  (最終更新日: 2014年9月)