大深温泉

秋田県仙北郡田沢湖町玉川字大深沢 Tel:0186-31-2551

《八幡平温泉郷での宿泊予約は こちら から》
八幡平最奥の湯治場と言われる大深温泉。アスピーテラインから脇道に入り、急な坂道をしばらく下ると、一軒宿の建物が現れる。
受付でおばあちゃんに料金400円を払うと、「どちらから来られました?」と聞かれた。「東京から」と答えると、「それはそれはご苦労様」と言われた。
 
浴室は別棟になっており、まさに、粗末な湯小屋という感じ。浴室はすべて木造りで、正方形の浴槽に白濁した湯がどんどん流れ込んでいる。硫黄の香りに包まれた小さな湯小屋は、まさに「最高の秘湯」である。
 
泉温が高いため、浴槽に注がれる湯はかなり熱めである。水を注ぎながら、温度を調整していく。
 
八幡平では、後生掛、ふけの湯、藤七といった有名な秘湯が数多くあるが、その中でもこの大深は、なかなかの穴場である。
 
なお、冬期は休業なのだが、休業期間が10月中旬から6月頃までと異常に長い。言い換えると、夏しか営業していないということだろう。
 
 泉質

酸性緑礬泉 85度

 
 日帰り入浴情報

7:00〜18:00 冬期休業 400円

 
 アクセス

東北自動車道松尾八幡平ICより約40分。または鹿角八幡平ICより約40分。

 
|戻る|

スパミシュラン 秋田県の温泉

宿・ホテル予約ならじゃらんnet




 
 初入湯年: 2002年
 (最終更新日: 2009年12月)