温泉入浴指導員とは
平成15年に制度化された厚生労働省規定資格で、以下の業務を行ないます。

@温泉入浴者に対し、温泉の一般的な正しい
   使い方を指導します。
A温泉入浴者に対し、健康的な生活のための
   指導を行ないます。
B温泉施設の安全管理を行ないます。
C事故発生時に救急救命処置を行ないます。
D温泉施設従業員に対し、安全管理・救急処置
   を中心とした研修を定期的に実施します。


厚生労働大臣が認可する「温泉利用プログラム型健康増進施設」には、温泉入浴指導員を常時1名以上配置することが義務付けられています。

温泉入浴指導員の資格は、「温泉医学」、「リハビリテーション医学」、「健康増進医学」、「温泉生理学」、「入浴プログラム指導実習」などの講習を受講した上で、資格認定試験に合格すれば取得することができます。

また同時に、消防本部が実施する普通救命講習を受講し、救命技能認定を得る必要があります。救命講習では、救急法と心肺蘇生法、自動対外式除細動器(AED)による心臓除細動処置についての実習を行ないます。

 

|戻る|